相続で、残された家族が揉める理由!!

相続において遺された家族が、遺産分割で揉めるという話はよく聞きます。

 

相続されるお父さんお母さん(被相続人)は、子供たちに揉めてほしくはないはずです。

相続する息子や娘たちも揉めたくないはずです。

遺産分割につき、 “相続人同士が話し合う” から揉める機会が増えるのです。

相続人同士で話し合う余地をできるだけ少なくする方法とは?。

その答えが「遺言書を書いておく」ことなのです。

その内容も、子供たちが揉めないように配慮したものにしておけば、揉めるケースは少なくなると思います。

「誰々に全部相続させる」では揉める元となりそうです。

「〇〇にはこういう理由で、この財産を相続させる。△△にはこれこれの理由であの財産を相続させる」

などと理由も書いておけば、揉める可能性は低くなると思います。

また、「みんな仲良く暮らしてくれ」のような言葉(遺言書の中では“附言”と言います)も大事だと思います。

 

さて、相続で揉めるとした場合、何が原因となるのなのでしょうか?

 

だいたいパターンは決まっていますので紹介します。

  1. 家族(法定相続人)の誰かが “言わずもがな” の一言を言ってしまったため・・・揉める
  2. 家族の配偶者など相続人以外の者が “言わずもがな” の一言を言ってしまったため・・・揉める
  3. 相続財産(特に不動産や貴金属など)の価値は、受け取る人によって違うため・・・揉める
  4. 今まで使った金額(教育費や海外旅行代金など)に差があるため・・・揉める

 

https://imai-office.net/news/

#信託 #民事信託 #家族信託 #親愛信託 #行政書士 #相続 #BMX #行政書士 今井博幸事務所 #争続 #遺言 #資産承継 #事業承継 #スモールM&A #企業支援 #事業再生 #感染症対策 #新型コロナ #オミクロン #S W O T分析 #V R I O分析 #アジャイル #経営 #営業 #マネジメント #社会 #福祉 #高齢者 #障害者 #障がい者 #認知症 #資産凍結 #公正証書 #社会福祉協議会 #名古屋市 #長久手市 #瀬戸市 #尾張旭市 #日進市 #脱相続 #超遺言 #脱成年後見制度 #後見制度 #保健所 #大河ドラマ #組織論 #企業経営理論