事例 キーワードは ” キレイ ”  中小企業小規模企業の経営サポート

Spot-on様

厳選!!輸入中古車販売 カーコーティング 

コメント

事業見直し3つのステップ!!

Spot-on様は代表の加藤さんが個人事業主として、厳選輸入中古車販売、カーコーティングをメイン業務として展開されるお店です。

名古屋市名東区のガラスコーティング専門店ガレージデイズコーティング

Spot-on(スポットオン)は輸入車販売・修理、カーコーティング関連、エンジン…
peraichi.com

お店の場所は名古屋市名東区内でR302の香南の交差点のほとんど北東角です。

開業は9年ほど前で昨年、旧店舗である瀬戸市から現店舗へ移動されました。
また、メイン事業を
「カーコーティングおよび自動車部品販売業」
から
「輸入中古車販売およびカーコーティング業」
へ変更されようとしている時期でもあり、まさに事業見直しを実施されているところに我々がアドヴァイスさせていただくご縁となりました。

コロナ禍の影響で金融機関の貸し出し態度は比較的緩やかで、キャッシュフローに問題はないのですが、今後の展開をより盤石なものとしたいとのご希望で外部の意見も聞いてみたいとのことでした。

我々は事業見直しのための5つのステップ、をご案内しております。
<ステップ1> 経営理念の策定・再確認
<ステップ2> SWOT分析
<ステップ3> ドメイン(事業領域)の策定
<ステップ4> 経営戦略の策定
<ステップ5> 経営計画書の作成
これが5つのステップです。

今回は簡易型の3つのステップをご希望でありました。
<ステップ1> 経営理念の策定・再確認
<ステップ2> SWOT分析
<ステップ3> ドメイン(事業領域)の策定

ベテランの行政書士であり知的資産経営士の相馬保宏さん
と共に約3時間Spot-on様にお邪魔しました。

<ステップ1>経営理念につきましては、事前打ち合わせ時に私から
「希望、どうなりたいか、どうありたいか、キーワードなど・・云々」の話を
加藤さんがしっかりと受け止めていただいたおかげで
 
 「キレイなクルマ
  キレイなオミセ
  キレイなココロ」

というキャッチフレーズがすでに導き出されておりました。
経営理念 = キャッチフレーズ で全然構わないです。
経営者の加藤さんが事業運営・店舗運営についてどのような考え方であるのか、が外部に伝わるものであれば良いと思います。
もちろんカタカナを使っているのも意味があります。
ビジュアル、わかりやすさなどの加藤代表の想いが伝わります。

経営理念が明確になると、「お客様」だけでなく、
「仕事仲間」「調達・仕入れ先」「金融機関」などステークホルダーとのコミュニケーションも活発で円滑なものになります。

<ステップ2> SWOT分析
<ステップ3> ドメイン(事業領域)の策定
につきましては企業情報ですので詳細は記しませんが、
「強み」「機会」を活かして、「弱み」「脅威」を克服・避けることができるのです。
また、ドメイン(事業領域)を明確に定めることで

「誰に」
「何を」
「どのように」提供するか

が明確になります。
やらなければならない行動が明確になります。
そして行動の優先順位も明確になります。

あとはやるだけです。
結果が思わしくないようなら、修正をかけます。
3つのステップは、常に流動的であって良いと思います。

この作業を繰り返すうちに精度が上がり、業績に反映されてくるものだともいます。
大切なのは外部の第三者や、複数の関係者が集まってこの3つのステップの作業を行うことです。
意外な人間から、意外な意見や考え方が飛び出してくるかも知れません。

会社経営・事業運営は 「 ワクワク 」 してくるものですね!